山口 蓬春「市場」
山口 蓬春「市場」
山口 蓬春(やまぐち ほうしゅん)日本画
1893(明治26)〜1971(昭和46)
出身県・ゆかりの県:北海道神奈川
所属・会派:六潮会
師:松岡 映丘 
山口 蓬春(やまぐち ほうしゅん)
本名三郎。明治33年上京、大正4年東京美術学校西洋画科に入学。翌年の第9回文展で二等賞を受賞、また二科展でも入賞が続き油彩画で認められはじめていたが、7年西洋画科を退学して日本画科を受験し、合格する。 大正12年東京美術学校日本画科を主席で卒業、松岡映丘が主催する新興大和絵会同人となり、その定期展に出品を重ねる。昭和4年新設された帝国美術学校教授となり、5年六潮会の結成に参加。昭和40年文化勲章受章。伝統的な技法と澄んだ時代感覚を制作にとりいれ、新しい日本画を模索して独自の世界を創造した。
山口 蓬春のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、山口 蓬春作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求