岡本秋暉「牡丹孔雀図」
岡本秋暉「牡丹孔雀図」
岡本 秋暉(おかもと しゅうき)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1807(文化4年)〜1862(文久2年)
出身県・ゆかりの県:神奈川
岡本 秋暉(おかもと しゅうき)
 小田原藩士、名は隆仙、字は柏樹、通称祐之丞、「秋暉」はその号で晩年は秋翁とも号した。[事典 title="渡辺 崋山"]、ついで大西圭斎に師事したといわれ、関東文人画の末流として理解されている。椿椿山らとともに崋山十哲に数えられる。極彩色の花鳥画を得意とし、独特の濃密な作風で知られるが、その作品制作は濃彩から墨画、大画面から小画面まで、花鳥画のほか走獣画や藻魚図、人物画など幅広い。江戸時代後期の長崎派画風を展開させた主要な画家である。
岡本 秋暉のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、岡本 秋暉作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求