棟方志功 「弁財天妃の柵」(棟方板画館蔵)
棟方志功 「弁財天妃の柵」(棟方板画館蔵)
棟方 志功(むなかた しこう)日本画
1903(明治36)〜1975(昭和50)
出身県・ゆかりの県:青森東京
所属・会派:民芸派日本版画院
交流関係:河井 寛次郎柳 宗悦
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
棟方 志功(むなかた しこう)
木版画家。青森市に生まれる。1928年、第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に版画が入選、又第9回帝展に油絵初入選。この頃から版画へと興味を移し、本格的な木版画制作を始める。

1936年、柳宗悦、河井寛次郎らと民芸運動の人々と知り合う。これは以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼす。1938年、第2回新文展で特選。1941年、第5回佐分賞受賞。1952年、第2回ルガノ〈白と黒〉国際展で受賞、日本版画協会を脱会し、日本版画院を結成。1955年、第3回サンパウロ・ビエンナーレで受賞。1956年、第28回ヴェネチィア・ビエンネーレで国際版画大賞受賞。1960年、アメリカ各地で個展を開催。1970年、文化勲章受賞。
棟方 志功のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、棟方 志功作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求