向井 潤吉「春-杏花の村-」
向井 潤吉「春-杏花の村-」
向井 潤吉(むかい じゅんきち)洋画
1901(明治34)〜1995(平成7)
出身県・ゆかりの県:東京京都
所属・会派:行動美術協会
師:伊藤 快彦
向井 潤吉(むかい じゅんきち)
1914(大正3)年、京都市美術工芸学校(現、京都市立芸術大学)へ入学するも1916(大正5)年には中退。1920(大正9)年に上京して川端画学校へ通い、第7回二科展に入選。1927(昭和2)年、渡仏して欧州各地を巡遊後、滞欧中には古典の研究を積み、フォーヴィズムや表現主義的作風も試みたが、1934(昭和9)年には写実主義に画風を定め、日本の民家をモチーフにした作品を数多く制作する。独特な空気感を漂わせた写実的画風が特徴的である。
向井 潤吉のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求