松尾芭蕉「消息」
松尾芭蕉「消息」
松尾 芭蕉(まつお ばしょう)筆跡
1644(寛永21)〜1694(元禄7)
出身県・ゆかりの県:三重
師:北村 季吟
弟子:河合 曾良
松尾 芭蕉(まつお ばしょう)
津藩の藤堂家に仕え、北村季吟に俳諧の指導を受ける。28歳の頃江戸に出て俳諧師となる。それまでの日本における詩歌を基にしながらも、日常的なものを素材とする独自の俳諧の流儀(蕉風)を確立し、俳聖と呼ばれる。旅を好み、数多くの紀行文も残した。1694(元禄7)年九州に向かう旅先の大坂にて客死。
松尾 芭蕉のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求