松林 桂月「瀑布泉」
松林 桂月「瀑布泉」
松林 桂月(まつばやし けいげつ)日本画
1876(明治9)〜1963(昭和38)
出身県・ゆかりの県:東京山口
師:野口 幽谷
交流関係:山岡 米華 井上 馨
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
松林 桂月(まつばやし けいげつ)
日本画家。本名篤。字は子敬。香外、玉江漁人とも号す。野口幽谷に師事、南画を学ぶ。明治35年、環翠会画塾を設立。昭和7年に帝国美術院会員となる。同14年、ニューヨーク万国博覧会に『春宵花影』を出品し、以降新文展に出品を重ねる。 朧月夜の桜を墨一色で描くなど、写実的画風の秀作を多く残す。その後、日本南画院をはじめ、白寿会、無名会などを結成、近代南画界の重鎮として活躍。その振興に多大な貢献をした。昭和19年に帝室技芸員、33年に文化勲章受賞を受章。36年萩市名誉市民となる。
松林 桂月のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、松林 桂月作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求