児玉希望「波濤朝陽」
児玉希望「波濤朝陽」
児玉 希望(こだま きぼう)日本画
1898(明治31)〜1971(昭和46)
出身県・ゆかりの県:東京広島
所属・会派:日展日月社
弟子:奥田 元宋
交流関係:伊東 深水
児玉 希望(こだま きぼう)
  川合玉堂の高弟。帝展・文展で受賞を重ね、玉堂門下で戊辰会を結成。伊東深水らと日月社結成。南画・漢籍・水墨画・大和絵など伝統的な日本芸術を幅広く学び、独自の近代的色彩感覚を盛り込んで、山水・花鳥・人物・仏画など多岐にわたる画題で卓越した業績を残した。日本美術及工芸統制協会理事長・帝展審査員・日展評議員・日月社顧問・日本芸術院会員。
秋華洞よりひとこと
児玉希望と言えばその幅広い画風で知られています。ある時は師・川合玉堂の影響を強く受けた古典的な風景表現をし、ある時は色の勢いを借りた斬新な抽象表現をする。生涯のなかで多彩な変貌を遂げるその画風はまさに児玉希望のマジックと言えるかもしれません。
児玉 希望のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、児玉 希望作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求