木内克「裸婦」
木内克「裸婦」
木内 克(きのうち よし)彫刻
1892(明治25)〜1977(昭和52)
出身県・ゆかりの県:茨城
所属・会派:新樹会
師:朝倉 文夫
木内 克(きのうち よし)
海野美盛に学んだ後、朝倉文夫に師事。1916年第10回文展に『平吉』が初入選。1921年より渡英・仏、フランスで15年間を過ごす。その間ギリシアのアルカイックな彫刻に傾倒、テラコッタの技法に習熟する。即興性に富んだ「ひねり」の小品を多く制作している。新樹会会員。1970年紺綬褒章。
木内 克のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求