川端康成「色紙」
川端康成「色紙」
川端 康成(かわばた やすなり)筆跡
1899(明治32)〜1972(昭和47)
出身県・ゆかりの県:神奈川大阪
師:三島 由紀夫
川端 康成(かわばた やすなり)
1917年、第一高等学校(現東京大学教養学部)に入学。1921年東京帝国大学英文科に入学。翌年国文科に転入。「新思潮」に発表した作品がもとで菊池寛に認められて文壇への道が開ける。1926年「伊豆の踊り子」、1935年「雪国」発表。1968年には日本人初のノーベル文学賞を受賞。非常に繊細な表現によって日本人の心情の本質を捉えた。
川端 康成のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、川端 康成作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求