堅山南風「桃」
堅山南風「桃」
堅山 南風(かたやま なんぷう)日本画
1887(明治20)〜1980(昭和55)
出身県・ゆかりの県:熊本
所属・会派:日本美術院
師:福島 峰雲 高橋 広湖
交流関係:横山 大観
堅山 南風(かたやま なんぷう)
苦学しながら絵画への関心を深め、23歳の時同郷の日本画家山中神風に連れられ上京、高橋広湖の門下生となる。大正2年、第7回文展に出展した『霜月頃』が横山大観の強い押しを得、事実上最優秀賞となる2等に入選。終生の師・大観によって再興された日本美術院に出展・入選を重ね、大正13年、同院同人となる。スランプを乗り越え、肖像画連作で独自の画境を深めるなど、伝統の枠にはまることなく常に新しさを求め続けた。晩年も創作意欲は衰えることなく、数々の名作を残した。昭和38年文化功労者。43年文化勲章受章。
堅山 南風のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、堅山 南風作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求