片岡 球子「面構葛飾北斎」
片岡 球子「面構葛飾北斎」
片岡 球子(かたおか たまこ)日本画
1905(明治38)〜2008(平成20)
出身県・ゆかりの県:北海道
交流関係:歌舞伎俳優四代目中村雀右衛門
片岡 球子(かたおか たまこ)
吉村忠夫に師事し女子美術専門学校卒業。1946年以降は安田靫彦に師事。院展を始め入選多数。1966(昭和41)年より<面構えシリーズ>をライフワークとし、始め将軍や武将を描くが、葛飾北斎など浮世絵師をその主なモチーフとするようになる。他にも富士山のシリーズが知られている。日本芸術院会員。文化功労者、1989年文化勲章受章。

昭和41年に自作を展示する堂本美術館を自らのデザインで設立。(現・京都府立堂本印象美術館)
片岡 球子のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、片岡 球子作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求