石黒 宗麿(いしぐろ むねまろ)工芸
1893(明治26)〜1968(昭和43)
出身県・ゆかりの県:富山京都
石黒 宗麿(いしぐろ むねまろ)
富山県出身。号は栩庵。特定の師につかず、東京渋谷、埼玉県小川、金沢などで作陶した。京都八瀬に陶窯を築き、研究に励んだ。中国、朝鮮を巡歴し、わが国で初めての木ノ葉天目制作に成功した。昭和14年、パリ万国博覧会で銀賞を受ける。昭和30年、鉄釉陶器の技術で重要無形文化財保持者に指定され、日本工芸会の理事に就任した。昭和31年、八瀬陶窯の理事長就任。昭和38年、紫綬褒章。昭和43年、勲三等瑞宝章。
石黒 宗麿のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求