入江 波光「猿猴」(部分)
入江 波光「猿猴」(部分)
入江 波光(いりえ はこう)日本画
1877(明治20)〜1948(昭和23)
出身県・ゆかりの県:京都
所属・会派:国画創作協会
師:森本 東閣
弟子:麻田 辨自
交流関係:村上 華岳
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
入江 波光(いりえ はこう)
四条派の森本東閣に師事、「波光」の号を受ける。1901年京都市立美術工芸学佼(現・京都市立芸術大学)に入学、その後東京帝室博物館などで古画の模写と仏画研究に携わる。1918年に京都の新進画家たちによって結成された国画創作協会には出品を続けたが、1928年の同会解散後は画檀を離れた。1936年京都市立絵画専門学佼教授となり後進の指導にあたる。晩年は、文部省の依嘱を受けた法隆寺金堂壁画の模写に精魂を傾けるとともに、水墨画の佳品を残した。
入江 波光のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、入江 波光作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求