白隠 慧鶴(はくいん えかく)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1685(貞享2)〜1768(明和5)
出身県・ゆかりの県:静岡
白隠 慧鶴(はくいん えかく)
 臨済宗の僧侶。[都道府県 title="静岡"]駿河(現在の静岡県沼津)[/都道府県]に生まれる。15歳で出家し、諸国を行脚し修行を重ねる。 34才で京都の妙心寺の第一座となり白隠と称した。その後地元の松蔭寺に帰って布教を続け、衰退していた臨済宗を復興させ、「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」とまで称された。 白隠は民衆に禅をわかりやすく伝えるため、書や禅画を多数制作した。技巧にとらわれない豪放でユーモラスな書画は高く評価されている。  
白隠 慧鶴のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求