足利尊氏「小品般若波羅密多経 巻第二」
足利尊氏「小品般若波羅密多経 巻第二」
足利 尊氏(あしかが たかうじ)筆跡
1305(嘉元3年)〜1358(延文3)
出身県・ゆかりの県:京都
足利 尊氏(あしかが たかうじ)
  室町幕府の初代征夷大将軍。始め高氏と名乗り鎌倉幕府の命を受け、後醍醐天皇を討つため出陣するが、後醍醐天皇に説得され逆に鎌倉幕府を討つ、この功績により天皇の名(尊治)からを1字賜り尊氏とする。後に1335年光明天皇(北朝)を擁立し、後醍醐天皇と対立。後醍醐天皇を廃した尊氏は征夷大将軍となり、室町幕府の祖となった。笙を好み、文学にも造詣が深く書画にも長じたという。
足利 尊氏のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求