朝井 閑右衛門 「薔薇之図マジョリカ壺(フロレンス)」 
朝井 閑右衛門 「薔薇之図マジョリカ壺(フロレンス)」 
朝井 閑右衛門(あさい かんえもん)洋画
1901(明治34)〜1983(昭和58)
出身県・ゆかりの県:広島
弟子:門倉 芳枝
交流関係:須田 剋太大河内 信敬 川端 実
朝井 閑右衛門(あさい かんえもん)
本名は浅井實。広島県立広島商業学校中退。大正8年上京。本郷洋画研究所に学ぶ。大正15年二科展に初入選。昭和9年光風会、帝展に入選。11年文展鑑査展で「丘の上」が文部大臣賞受賞。戦後は大河内信敬 川端実 須田剋太らと新樹会を結成し、精力的に出品。25年には日展審査員となるが出品せず、同年光風会からも離れた。27年より 日本国際美術展や現代日本美術展に出品。 37年 国際形象展同人。

油彩を塗り重ね、色彩豊かな独創的作風を展開、常にに画壇の第一線で活躍しながら画集もなく、個展もほとんど開かなかった特異な野人画家として知られる。
朝井 閑右衛門のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、朝井 閑右衛門作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求