「萬歳」
価格お問い合わせください
サイズ46.7×51.8(141.7×65.7)cm
素材紙本着色
備考軸装
落款・印
『貞祥堂聚芳』(貞祥堂、昭和53年)所収
ナミ、折れ
作品番号A2-96-130
宮川 一笑(みやがわ いっしょう)
元禄2(1689)~安永8(1780) 浮世絵師。宮川長春の門人。湖辺斎、松下堂、県蘇丸と号す。長亀と並んで長春門の双璧とされる。江戸の風俗に取材する肉筆美人画を多数手がける。宝暦2年以降の晩年は新島へ流罪となり、吉祥画や仏画を残して没した。目の釣り上がった狐顔で、媚を含んだ美人画を数多く残しており、師の長春とは異なった趣を持っている。また、横幅に傑作が多いのも特色である。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求