「花」
価格お問い合わせください
サイズ26.3×23.2(52.9×50.0)cm
素材板に油彩
備考額装
画中にサイン
東京美術倶楽部鑑定書
昭和32年作
作品番号A2-96-004
キーワード花・植物
作品解説
画家は椿花を好んで描き、最期までそれをモチーフとしました。宋元の花鳥画のように、花は大ぶりな形の中に生命の輝きを湛え、葉もゆったりと確かな実感を伝えています。没年に描かれたこの作品で、筆致はそのまま花の写生的な形態と気韻となって画面に現れ、椿の目指した東洋の油絵の達成をよく表しています。
椿 貞雄(つばき さだお )
明治29(1896)山形~昭和32(1957)千葉 洋画家。岸田劉生に師事し、草土社創立同人となる。巽画会、院展、二科会等に出品を重ね、春陽会の創立に客員として参加。後に武者小路実篤らの提唱による大調和会創立に参加。戦後は日本画制作も行なった。国画会会員。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.66
2021「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求