Weekend展覧会は秋華洞が今注目する作家をギャラリーとオンラインの両方で紹介する企画です。銀座ぎゃらりい秋華洞での3日間の展示に加え、オンライン上では2週間に渡り作品を紹介します。

第2回目は糸をモチーフに繊細で静謐な世界を創り出す田中美穂(たなか・みほ)。粘土を紐状に縒り合わせ原始的なやきものの技法をアレンジし、普遍性を見つめる釣光穂(つり・みつほ)。そして絵画を構成する要素のバランスを少し崩し、整合性の取れない空間を作ることで新しい景色や感覚を見せる松村咲希(まつむら・さき)の3名です。
Weekend展覧会は秋華洞が今注目する作家をギャラリーとオンラインの両方で紹介する企画です。銀座ぎゃらりい秋華洞での3日間の展示に加え、オンライン上では2週間に渡り作品を紹介します。

第2回目は糸をモチーフに繊細で静謐な世界を創り出す田中美穂(たなか・みほ)。粘土を紐状に縒り合わせ原始的なやきものの技法をアレンジし、普遍性を見つめる釣光穂(つり・みつほ)。そして絵画を構成する要素のバランスを少し崩し、整合性の取れない空間を作ることで新しい景色や感覚を見せる松村咲希(まつむら・さき)の3名です。
展覧会情報
展覧会Weekend展覧会Vol.2 田中美穂・釣光穂・松村咲希
会期[ギャラリー] 2020年9月18日(金)〜20日(日)
会場ぎゃらりい秋華洞
会期[WEB] 2020年9月15日(火)〜28日(月)
会場SHUAKDO CONTEMPORARY WEBサイト
時間10:00〜18:00
備考会期中無休 入場無料
田中美穂

田中美穂(たなか・みほ)
東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画第6研究室修了。
和紙に墨やインクで糸をモチーフとして描く。田中美穂の描く絡まりあった糸は、音を立てずに垂れ下がり、静謐な時間を生み出す。また、糸以外のモチーフを描く新しい表現にも果敢に取り組んでいる。

田中美穂 制作コンセプト – Weekend展覧会Vol.2

 

釣光穂

釣光穂(つり・みつほ)
1991年兵庫県生まれ、2016年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻陶磁器修了、2020年金沢市卯辰山工芸工房修了。洗剤や調味料など日常に目にする容器を観察し、独自の編み物陶芸の「うつわ」につくり変える。現在 石川県の自宅にて制作中。国内の個展、グループ展、アートフェア、など多数出展。

釣光穂 制作コンセプト – Weekend展覧会Vol.2

 

松村咲希

松村咲希(まつむら・さき)
1993年長野県生まれ、2017年京都造形芸術大学芸術研究科修士課程芸術専攻ペインティング領域修了。京都在住。関西を中心に展示活動を行う。近年はオフィスへの作品設置など、コミッションワークも行う。
アクリルペイント、シルクスクリーンなどの複雑なレイヤーと立体感を持つ絵画作品で、抽象概念を視覚化しようと試みている。地と図の関係を錯覚させる表現や、スプレーによってその凹凸を強調されたマチエールなど、観る人の視認と実在との間に認知のズレを生み出す。

松村咲希 制作コンセプト – Weekend展覧会Vol.2

インスタライブ配信します!

今回展示する作品の制作コンセプト、アトリエや普段使用している道具等を紹介します。
下記スケジュールで配信予定です。

9/4(金)20:00~ 松村咲希 制作コンセプトなど
9/6(日)13:00~ 田中美穂 アトリエ紹介など
9/11(金)20:00~ 松村咲希 アトリエ紹介
9/12(土)13:00~ 田中美穂 今後の予定など
9/12(土)20:00~ 釣光穂 アトリエ紹介
9/18(金)21:00~ 釣光穂 制作コンセプトなど

フォローよろしくお願いします!→@shukado_contemporary_tokyo

instagram_nametag