画集のヒットで注目が集まる池永康晟、現代の肉筆浮世絵とも評される岡本東子、端正で華やかな少女像でファンが急増中の中原亜梨沙ら現代作家から歌麿の美人画、木谷千種の掛け軸まで。
日本の作家たちは「女の貌」をどう描いたのか? 
画集のヒットで注目が集まる池永康晟、現代の肉筆浮世絵とも評される岡本東子、端正で華やかな少女像でファンが急増中の中原亜梨沙ら現代作家から歌麿の美人画、木谷千種の掛け軸まで。
日本の作家たちは「女の貌」をどう描いたのか? 
展覧会情報
会期2014年6月5日(木)〜17日(火)
会場ぎゃらりい秋華洞
時間10:00〜18:00
備考会期中無休 入場無料