揚州 周延(ようしゅう ちかのぶ)
天保9(1838)~大正元(1912) 浮世絵師。15歳で国芳に絵を学び、安政2年(1855年)頃から三代目豊国につき、二代目歌川芳鶴、一鶴斎と称して浮世絵師となった。その後、豊原国周門下に転じて周延と号した。周延の作画期は文久頃から明治40年頃までの約45年に及んだ。周延は3枚続の風俗画や美人画を得意とした。
揚州 周延
「みよし紬」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
揚州 周延作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「揚州周延」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.65
2021「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求