吉原 治良(よしはら じろう)
明治38(1905)大阪~昭和47(1972)芦屋 洋画家。関西学院高等商業部を卒業。老舗油問屋の家業の傍ら絵画制作に没頭する。上山二郎に兄事し、藤田嗣治のすすめにより二科会に作品を発表する。一方で、昭和29年には若い前衛芸術家たちと具体美術協会を結成し、戦後のアートシーンを牽引した先駆的な活動は国内外で高い評価を受ける。主に抽象絵画を制作し、晩年は円型を主題とした作品で知られる。死後、旭日小綬章を追贈。
吉原 治良
「無題」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
吉原 治良作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「吉原 治良」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求