山下 新太郎(やました しんたろう)
明治14(1881)東京~昭和41(1966)東京 洋画家。藤島武二に師事し、東京美術学校(現:東京藝術大学)では黒田清輝の指導を受ける。パリに留学し、ラファエル・コラン、フェルナン・コルモンに学んだ。帰国後は二科会の創立に参加し、ルノワールの影響を受けた色彩の洋画を描いたほか、滞仏中に手掛けた敦煌伝来の仏画の修復を機として、日本における油彩画の保存修復を研究、この分野の草分けとなった。日本芸術院会員。レジオン・ドヌール勲章、文化功労賞、旭日中綬章受章。
山下 新太郎
「薔薇」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
山下 新太郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「山下新太郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.66
2021「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求