山本 昇雲(やまもと しょううん)
明治3(1870)高知~昭和40(1965)東京 浮世絵師、日本画家、石版画家。本名茂三郎。別号松谷。滝和亭に師事。報道画家として口絵や挿絵を制作する一方、文展に美人画・花鳥画などを数多く出品する。《いま姿》などの木版画シリーズを制作し、近代木版画の代表格として高く評価された。
山本 昇雲
「花三題」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
山本 昇雲作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「山本昇雲」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求