山口 素絢(やまぐち そけん)
宝暦9(1759)京都~文政元(1818)京都 絵師。円山応挙に師事。姓は橘、通称貫次郎、武次郎。別号山斎。字は伯陵、後に伯後。風俗を取り入れた美人画や花鳥画を得意とし、応門十哲の一人に数えられた。
皆川 淇園,山口 素絢
「官女図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
山口 素絢作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「山口素絢」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

山口素絢の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求