歌川 芳藤(うたがわ よしふじ)
文政11(1828)~明治20(1887)江戸から明治にかけての浮世絵師。国芳の弟子。開化絵のほか、おもちゃ絵の作例も多く、おもちゃ芳藤とも呼ばれていた。その中でも師匠の影響で「猫」のものが多かった。
歌川 芳藤作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「歌川 芳藤」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求