歌川 豊国(初代)(うたがわ とよくに)
明和6(1769)江戸 ~ 文政8(1825)江戸 浮世絵師。本名は倉橋熊吉、後に熊右衛門。一陽斎と号す。幼少期に、歌川派の創始者・歌川豊春門下に学ぶ。挿絵や優美な美人画、役者絵で絶大な人気を博す。門下から国貞、国芳らの有力な絵師が輩出し、歌川派を繁栄へと導いた。
歌川 豊国(初代)作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「歌川 豊国(初代)」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求