臼田 亜浪(うすだ あろう)
明治12(1879)長野~昭和26(1951) 俳人。本名卯一郎。高浜虚子のすすめで俳句をはじめ、1915年俳誌《石楠》を創刊。作句の理念を「まこと」において、自然観照、一句一章論を提唱した。句集に《亜浪句鈔》など。
臼田 亜浪
「短冊」
臼田 亜浪
「つとゞねし(短冊)」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
臼田 亜浪作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「臼田 亜浪」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求