浦上 玉堂(うらかみ ぎょくどう )
延享2(1745)岡山~文政3(1820)京都 文人画家、琴士。備前岡山藩の支藩である備中鴨方藩の上級藩士の家に生まれる。名は孝弼、字は君輔。35歳の時、「玉堂清韻」の銘のある中国伝来の七絃琴を入手し、「玉堂琴士」と号す。50歳で脱藩し、子の春琴、秋琴とともに全国を遊歴したのち、晩年は京都に定住。墨のかすれやにじみを活かした独特の山水表現を生み出した。
浦上 玉堂作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「浦上 玉堂」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求