上島 鳳山(うえしま ほうざん)
明治8(1875)岡山~大正9(1920)大阪 日本画家。祖父・辻鳳山は円山派の絵師。円山応立の弟子・木村貫山に学び、ついで西山完瑛、渡辺祥益に師事する。明治36年第5回内国勧業博覧会で褒状を受ける。大正元年、大阪の青年画家たちによる大正美術会の設立に参加。住友家など大阪の富豪の支援を受けて制作活動を続け、美人画や花鳥画を能くした。
上島 鳳山
「柳緑花紅画冊 」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
上島 鳳山作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「上島 鳳山」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求