宇田 荻邨(うだ てきそん)
明治29(1896)三重~昭和55(1980)京都 日本画家。本名善次郎。京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。中村左洲に手ほどきを受ける。京都で菊池芳文の門下に入り、荻邨と号する。芳文没後は菊池契月に師事。四条派に大和絵の古典的作風を加えた独自の画境を拓いた。帝展特選、帝国美術院賞受賞、帝展審査員、日展理事。松阪市名誉市民。勲三等瑞宝章受章。
宇田 荻邨作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「宇田 荻邨」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求