都路 華香(つじ かこう)
明治3(1870)京都~昭和6(1931)京都 幸野楳嶺に師事し、菊池芳文、竹内栖鳳、谷口香嶠らとともに楳嶺門下四天王の一人とされる。内国勧業博覧会の第3回、4回、5回で入賞。その他多くの授賞歴があり、若くから才能を認められた。明治40年第1回文展で3等賞受賞、以後入賞を重ね、第10回文展に『埴輪』で特選となる。帝展へ大正8年第1回から出品し、大正14年には帝国美術院会員となる。大正15年には京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)の校長に就任。禅にも関心を持ち修行も行った。
都路 華香作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「都路 華香」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求