頭山 満(とうやま みつる)
安政2(1855)筑前~昭和19(1944) 国家主義者、玄洋社の総帥。号は立雲。 萩の乱に参加して入獄後、自由民権運動に参加。のちに玄洋社を結成。条約改正案に対しては、反対運動を展開。次第に民権主義から国権主義へ転換。明治25年第2回総選挙に際しては、政府側に立ち選挙干渉を行う。以後、対露同志会などに参加し、一貫して対外硬を唱える。一方で、政府方針に反し、金玉均 、孫文やビハリ・ボースら、革命派の亡命救援活動を実践し、アジア主義者としての一面を見せた。
頭山 満
「道有云々二行」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
頭山 満作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「頭山満」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

頭山満の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求