外山 光親(とやま みつすけ)
天保14(1843)~明治4(1871) 外山家8代当主、従四位上。維新後、新政府への不満から、天皇の京都還幸や攘夷決行を画策するが、捕縛された後切腹。
外山 光親
「今よりの」
外山 光親
「青柳の」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
外山 光親作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「外山 光親」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求