5代目 鳥居清忠(とりい きよただ)
明治33(1900)~昭和51(1976) 日本画家、看板絵師、舞台美術家。鳥居派8代目宗家。本名、斎藤信。前名に清言、言人。小堀靹音に大和絵を、鏑木清方に美人画を学ぶ。鳥居派の専業である歌舞伎絵を制作する一方、言人の名で美人版画や、挿絵を数多く手掛けた。舞台美術、時代考証の分野でも活躍する。日展入選。
5代目 鳥居清忠
「かむろ」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
5代目 鳥居清忠作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「5代目 鳥居清忠」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求