冨田 溪仙(とみた けいせん)
明治12(1879)福岡 ~昭和11(1936)京都 日本画家。本名鎮五郎。字は隆鎮、別号に雪仙、燕巣樓、久鼓山人、渓山人など。狩野派の衣笠守正に師事し、その後都路華香に四条派を学んだ。また、仙厓義梵、池大雅らに私淑し、仏画や南画を学び、仏教、儒教、西洋思想などの幅広い研究を活かして、独自の画風を確立した。日本美術院同人、その後帝国美術院会員となる。代表作は《万葉春秋》など。絵画共進会入選、文展入選。
冨田 溪仙,河東 碧梧桐
「猪画賛」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
冨田 溪仙作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「冨田溪仙」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

冨田溪仙の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求