東郷 青児(とうごう せいじ)
明治30(1897)鹿児島~昭和53(1978)熊本 洋画家。青山学院中等部在学中より画才を発揮。初の個展で注目され、有島生馬に師事。ヨーロッパ遊学中には前衛芸術運動に参加するも、具象作品へと回帰。独自のロマンティックな画風で描いた女性像で一世を風靡する。晩年は彫塑制作にも励んだ。日本芸術院賞受賞、二科会会長、文化功労者。
東郷 青児
「婦人像」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
東郷 青児作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「東郷 青児」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求