寺崎 広業(てらさき こうぎょう)
慶応2(1866)秋田~大正8(1919)東京 日本画家。秋田藩御用絵師であった狩野派の小室秀俊に学んだのち上京。平福穂庵の門を叩く。明治30年には東京美術学校(現:東京芸術大学)の助教授として迎えられるが、翌年美校騒動に際して辞職。その後横山大観や下村観山と共に日本美術院創立に参加した。帝室技芸員。
寺崎 広業
「第二軍司令部之図」
寺崎 広業
「南山攻撃之図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
寺崎 広業作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「寺崎 広業」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求