谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう)
明治19(1886)東京~昭和40(1965)湯河原 小説家。東京帝国大学(現:東京大学)文学科を中退。在学中第二次『新思潮』を創刊、『刺青』などで永井荷風から絶賛を受け、独特の美意識を耽美主義的な作風で描いた作品で知られる。後年は日本の伝統美を意識した、日本語による端麗な文体を確立する。代表的な著作に『痴人の愛』『卍』『細雪』『陰翳礼讃』など。
谷崎 潤一郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「谷崎潤一郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求