谷 文一(たに ぶんいち)
天明7(1787)江戸~文化15(1818)江戸 画家。号は痴斎。医師利光寛造の子。文人画家谷文晁に師事し、娘婿となる。花鳥画、山水画、人物画を能くし、かつ円山応挙の門弟渡辺南岳に入門して独自の画風を築いた。また、谷文晁工房の一員として《石山寺縁起絵巻》の模本制作および補完事業を行うなど活躍したが、32歳の若さで没した。
谷 文一作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「谷文一」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

谷文一の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求