瀧口 修造(たきぐち しゅうぞう)
明治36(1903)富山~昭和54(1979)東京 詩人、美術評論家。慶應義塾大学英文科卒業後、シュールレアリスムなどの西洋現代芸術を研究、日本へ紹介し、前衛芸術運動を推進する。戦後は「実験工房」の結成や、個展の開催、デュシャンやミロの評論などと精力的に活動し、現代芸術家たちに多大な影響力を持つ。一方で、国立近代美術館開設に当たっての運営委員や、美術評論家連盟会長などを歴任する。
瀧口 修造
「デカルコマニー」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
瀧口 修造作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「瀧口 修造」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求