高井 鴻山(たかい こうざん)
文化3(1806)信濃~明治16(1883年)長野 儒学者、浮世絵師。京都へ遊学し、岸駒に写生画を、三畠上龍に浮世絵を学んだ。江戸に移住した後、佐藤一斎に朱子学を師事し、攘夷論・公武合体論を唱えた。一方で、葛飾北斎を自邸のある小布施に招き、多くの文人墨客と交流を深めた。北斎の門人となり、妖怪画山水図を多数手掛けた。
高井 鴻山
「妖怪山水図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
高井 鴻山作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「高井鴻山」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

高井鴻山の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求