高橋 弘明(たかはし ひろあき)
明治4(1871)東京~昭和20(1945)東京 明治時代から昭和時代にかけて活躍した浮世絵師、版画家。本名松本勝太郎。号は高橋松亭、弘明、佳恵。松本楓湖の門人。宮内省外事課に勤めデザインなどの仕事に携わった後、明治40年に版元の協力を得、初めて木版画を制作する。新版画の発展において一翼を担い、風景や美人、動物など様々な画題に取り組んだ。特に江戸の風景を詩情豊かに写し出した作品は国内外を問わず高い評価を博した。
高橋 弘明作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「高橋 弘明」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求