高浜 虚子(たかはま きょし)
明治7(1874)愛媛~昭和34(1959)神奈川 俳人。本名清。正岡子規に師事。松山で創刊した俳誌『ホトトギス』に参加、後に東京にこれを移して主宰する。花鳥諷詠、客観写生の俳句理念を提唱、水原秋桜子、高野素十ら、多くの俳人を育てた。文化勲章受章。
高浜 虚子作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「高浜虚子」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

高浜虚子の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求