鈴木 松年(すずき しょうねん)
すずき しょうねん 嘉永元(1848)京都~大正7(1918) 日本画家。日本画家鈴木百年の子。名は賢、字は百僊。父に画を学び、国内外の博覧会、絵画共進会で活躍、京都画壇に重きを成す。豪放剛健な作風による山水画、花鳥画、人物画を能くした。
鈴木 松年作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「鈴木 松年」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求