墨江 武禅(すみえ ぶぜん)
享保19(1734)大坂~文化3(1806) 絵師、彫金家。姓は長田、名は道寛、字は子全、号は武禅・心月・朦朧斎・墨江斎等。大坂の船頭であったが、浮世絵師・月岡雪鼎に画を学び絵師となった。師に倣って美人画を描いたほか、中国絵画から影響を受けた細密な山水画や、西洋絵画から学んだ陰影表現豊かな作品を残すなど、独自の画境を切り拓いた。また彫金の毛彫りを得意とし、仮山水の制作にも長けた。著作に『占景盤』『鉢山図会』等がある。
墨江 武禅
「楼閣山水図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
墨江 武禅作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「墨江武禅」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

墨江武禅の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求