杉本 健吉(すぎもと けんきち)
すぎもと・けんきち 明治38(1905)名古屋~平成16(2004)名古屋 洋画家。愛知県立工業学校図案科卒業。図案家としてポスターなどを手掛ける傍ら、岸田劉生に師事し絵画制作を行う。国画会や新文展および日展で作品を発表しつつ、個展も多数開催した。素描を重視し、奈良をはじめ風景画を多く描いたほか、吉川英治『新・平家物語』の挿絵でも知られる。第1回中日文化賞受賞。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
杉本 健吉作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「杉本 健吉」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求