曽宮 一念(そみや いちねん)
明治26(1893)東京~平成6(1994) 洋画家、随筆家。本名下田喜七。東京美術学校(現:東京芸術大学)卒業後、藤島武二、山下新太郎に師事し、中村彝に兄事する。二科会・独立美術協会を経て、国画会会員となり特異の風景画家として活躍するが、のち視力障害のため退会、無所属となる。失明後は画家から文筆へと活動を転じ、多くのエッセイを著す。『海辺の溶岩』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
曽宮 一念
「雷雲(信濃焼岳)」
曽宮 一念
「三保驟雨」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
曽宮 一念作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「曽宮 一念」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求