宋 紫石(そう しせき )
正徳(1715)江戸~天明6(1786) 絵師。字は君赫または霞亭。号は、雪渓・雪湖・宋岳など。長崎に赴き、熊代熊斐に就いて沈南蘋の画法を修め、ついで来日した清の画家宋紫岩にも入門した。この師の名から宋紫石と名乗った。江戸に戻り、南蘋画風の普及に努めた。杉田玄白や平賀源内らと交友し、西洋画にも興味を示した。
宋 紫石作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「宋 紫石」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求