昇亭 北寿(しょうてい ほくじゅ)
生没年不詳 江戸後期の浮世絵師。名は一政。葛飾北斎の門人。北斎の洋風風景画の影響を強く受け、遠近法と陰影法を用い、低い地平線と雲の表現が特徴的な独自の名所絵を確立して人気を博した。風景版画の他、風俗画や狂歌本の挿絵、摺物、肉筆画なども手掛けている。
昇亭 北寿作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「昇亭 北寿」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求